ワインをつくる

美味しいワインが出来るまで

ワイン熟成について

1.「良いワインは、良いぶどうから」ぶどうづくりはワインの命です。良い自然条件のもと、品質の良いぶどうを育てます。9月から11月にかけて収穫します。

2.収穫したぶどうは、破砕機にかけてつぶし、果梗を取り除きます。

3.赤ワインは、つぶしてできた果汁を果皮や種子と一緒に発酵タンクへ入れます。白ワインは、つぶしたぶどうを、さらに圧搾機でしぼり、果汁だけを発酵タンクへいれます。ロゼワインは、赤ワインと同じ手順で発酵させ、液体の色がバラ色になったとき、果皮と種子を取り除いて発酵を進めます。ぶどうの果汁は酵母の働きで発酵し、糖分がアルコールと炭酸ガスに分解されます。発酵期間はおよそ10日~20日間です。

4.発酵の終わった若いワインを、樽やタンクで熟成させます。この間に香り高い熟成香が生まれ、味わいにも深みが出ます。また貯蔵中に余分な味が付かないよう、時々下に沈んだオリを除きます。

5.樽で熟成させたワインをびんに詰めて暗く涼しい静かな貯蔵庫で寝かせます。ワインはビンの中でも熟成を続け、寝かせておく間に味も少しずつ変化します。

ワインの熟成について

熟成中のワイン

ワインの熟成とは、アルコール発酵終了後からワインが消費されるまでに起こる、全ての反応や変化のことを言います。醗酵終了後から瓶詰めまでは酸化的な熟成が進みます。一方で瓶内での熟成は還元的な変化が主になってきます。熟成によって最も影響を受けるのはフェノール類で色の変化やタンニンの味わいが変化していき、熟成初期には酵母由来のイースティーな香りが少なくなり、キュヴェにとけ込んでいた二酸化炭素もほとんどなくなります。

うまく熟成したワインは、生き生きとした果実味を残しながら複雑なフレーバーと柔らかさを持ち、すばらしいものになります。ワインだけにしかない長期の熟成過程の良さや、そのワインにかける情熱の年月を大切に管理していくことは、作り手と飲む人への橋渡しとなります。

品質管理により、熟成されるワイン

お店から購入したときがワインの飲み頃とは限りません。飲み頃を見定めるバイオリズムのピークを見つけるまで、きちんと管理をしておかなければ、高価なワインを購入しても、飲むときには、それ以下のワインになってしまいます。

ワインの作り手は、情熱を持って毎日畑に向かい、わが子のように世界に送り出します。日高ブランドのトンネル熟成というゆりかごで、ゆっくり成長させて、ベストな状態になった時にご提供しております。

日高ブランドのワイン専属ソムリエより

ワインを購入する

ワインの熟成代行

ショッピングガイド

北海道日高ブランドのワインについて

株式会社北海道日高ブランド

2005年より北海道の大自然とダムトンネルの洞窟だけが出来る、ワインの熟成に最適な気温と湿度を利用したワインの熟成・販売事業を行っております。

〒059-2403
北海道新冠郡新冠町北星町5番地9

TEL:0146-47-1188
FAX:0146-47-2029

詳細はこちら